文字サイズ

窮地のRIZIN 8・9から2連戦で大会再開、集客は会場収容人数の半数に

 総合格闘技イベントRIZINの榊原信行CEOは7日、ユーチューブで会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2月22日を最後に休止していた大会を8月9、10日に横浜市のぴあアリーナMMで開催すると発表した。

 行政の指導に従って集客を会場の収容人員の半分にあたる5000人にし、日本人選手のみで行う。合わせてクラウドファンディングを募集することも発表し、榊原CEOは「やせ我慢していられる状況ではない」と語った。同CEOは6月にツイッターで「7億円の売上が飛んだ。このままでは座して死を待つのみ」などと、大会休止による窮状を訴えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス