文字サイズ

飯伏が前哨戦でタイチ撃破「逃げない、負けない、あきらめない」

 タイチ(下)にその場飛びムーンサルトプレスを見舞う飯伏幸太
3枚

 「プロレス・新日本」(24日、会場非公表=無観客試合)

 7月1日にシングルトーナメント「ニュージャパンカップ」2回戦でタイチと対戦する飯伏幸太が6人タッグの前哨戦で勝利した。

 飯伏は自身とともにIWGPタッグ王者タッグ王座を保持する棚橋弘至に田口隆祐を加えたトリオで、同王座挑戦にも名乗りを上げているタイチとザック・セイバーJr.にDOUKIを加えた相手を迎撃。前日には棚橋がタイチに敗れた後に暴行を受け、さらに救出に駆けつけた飯伏までKOされる屈辱を味わわされていた。

 この日はその仕返しとばかりに飯伏が奇襲を仕掛けて試合開始。棚橋が古傷の左ヒザを長時間攻められ続けるも耐え抜き、飯伏はタイチとキック合戦を繰り広げるなど激しくやり合い、最後はDOUKIを捕らえた田口がどどんで3カウントを奪った。

 だが試合後、またもタイチがザックとともに飯伏と棚橋を襲撃。さらに同王座のベルトを奪って攻撃しようとするも田口がベルトを奪い返し、飯伏と棚橋が逆襲し、最後は4人でにらみ合いを繰り広げた。

 バックステージで棚橋は「ニュージャパンカップ1回戦で負けて、休みがあったけど、ヒザは変わらず。どうすんだって自分でも思うよ。けど、どんな状態であっても上を目指してはい上がっていくのがレスラーだし、こういう有事の時こそ棚橋だと思ってたんだけど、そういうのもどんどん移り変わってる気がする。ただね、このままじゃ終われないっていう気持ちがあるから、もう一回、今のうち、力をためときます」と巻き返しへ気合。飯伏は「このベルトを持っているから負けられないと言うのもあるし、今年のニュージャパンカップのテーマが『負けない』。常に逃げない、負けない、あきらめない。これは必ず決めていることなんで、逃げないし、負けないし、あきらめない。絶対にあきらめない」と自分に言い聞かせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス