文字サイズ

元AKB仲川遙香 養護施設育ち、貧困、家族詐称を明かす「恥ずかしかった」

 元AKB48でジャカルタを拠点とするJKT48を2016年に卒業した仲川遥香(28)が6日、TBS系で放送された「爆報!THEフライデー」に出演。児童養護施設で育った子供時代の貧困生活を明かした。

 1992年、無名のプロレスラーの父と専業主婦だった母との間に、4人きょうだいの次女として生まれた。3歳のころ、両親が離婚。母親が家を出ていき、親権は父が持った。

 きょうだいは祖母の家に預けられ、激安の都営住宅での生活が始まった。ナレーションでは、主食が“わずかなご飯となめたけ”で、常にひもじい思いをしていたことから、きょうだいゲンカが絶えなかったことなどが説明された。8歳の時には祖母が心臓病で入院してしまったこともあり、子供たちは養護施設に入ることになったという。

 仲川は18歳でAKB選抜メンバー入りを果たした。

 しかし、16年に発売した自伝本には「私は東京生まれの5人姉弟。姉と私と妹、弟、妹、それに両親とおばあちゃんの8人家族でした」と説明。嘘の家族構成を作り上げていた。

 養護施設で育った事実も隠していた仲川は、「自分で理想のお母さんとかお父さんとか家族を作って、話してたことも多かった。嘘のこと…。恥ずかしかった、自分がちゃんとした家庭で育ってなかったことが」と生い立ちを「恥」と思っていたこと、いつ嘘がばれてしまうか、おびえていたことも打ち明けた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス