文字サイズ

京之介、亀田家初新人王逃し号泣 今後は「ちょっと休んで考えます」

 「ボクシング・全日本新人王決定戦」(22日、後楽園ホール)

 全12階級の新人王が決まった。フェザー級では亀田3兄弟のいとこ亀田京之介(21)=花形=が前田稔輝(23)=グリーンツダ=に1-2の判定で敗れ亀田家初の全日本新人王を逃した。最優秀選手賞は初回に2度ダウンを喫しながら逆転し、今大会唯一のKO勝利を収めた本多航大(20)=川崎新田=が受賞した。

 判定を聞くと崩れ落ち、号泣した京之介。日本拳法10冠の前田を軽やかなフットワークと鋭いジャブで攻め、「イライラさせる作戦」という挑発のしぐさも見せたが、冷静にプレッシャーをかける相手を崩せず。終盤には激しく打ち合ったが、及ばなかった。

 「ギリ勝ったかなと思う」と悔しがりながらも、「前田君も強かったし、結果は結果」とサバサバ。9日に所属先の協栄ジムが休会し、1試合限定で花形ジム入りしたが、「(影響は)特にない。自分がダメやっただけ」と言い訳せず、移籍、進退を含めた今後については「ちょっと休んで考えます。どうなるか分からないですよ」と即答を避けた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス