文字サイズ

亀田3兄弟いとこ・京之介が花形ジムへ移籍 全日本新人王決定戦も出場可能に

 東日本ボクシング協会は11日、都内で理事会を開き、所属先の協栄ジムが9日に休会し、プロ活動ができなくなっていた亀田3兄弟のいとこ亀田京之介(21)と竹原毅(24)の花形ジム移籍を発表した。2人は22日の全日本新人王決定戦出場が可能となった。

 同協会の新田渉世事務局長は「選手救済を第一に考え」、協会会長の花形進氏が会長を務める花形ジムが2人を預かる形になったと説明。セコンドに付くトレーナー3人も移籍する。移籍は1試合限定の見通しで、選手にヒアリングして本格的な移籍先を検討する。他の協栄所属選手の移籍も、同協会は全力でサポートする方針だ。

 協栄ジムの休会を届け出た金平桂一郎会長については、「選手が路頭に迷う形」(新田事務局長)を作ったことで、復帰する場合には厳しい条件をつける方向であることも明らかにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス