文字サイズ

オカダが飯伏、内藤、ジェイを一喝「何が2冠だ?最強はIWGPヘビーだ、この野郎」

 ベルトを誇示するオカダ・カズチカ
3枚

 「プロレス・新日本」(21日、後楽園ホール)

 IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカが、来年1月4、5日の東京ドーム大会で同王座と同インターコンチネンタル王座の2冠獲りを目指す飯伏幸太、内藤哲也、ジェイ・ホワイトの3人を一喝し、東京ドームを2日連続超満員にすること宣言して今年最後の大会を締めた。

 オカダはYOSHI-HASHI、ロッキー・ロメロと組んで、獣神サンダー・ライガー、棚橋弘至、飯伏幸太組と対戦。東京ドーム大会で引退するため、これが最後の後楽園大会出場だったライガーを自らレインメーカーで葬った。

 試合後は引き上げるライガーを拍手で送り、G1クライマックス覇者で来年1月4日に自身に挑戦する飯伏と視殺戦を展開。そこに突如、同日に内藤哲也の挑戦を受ける同インターコンチネンタル(IC)王者ジェイ・ホワイトが2人に襲いかかった。

 さらに内藤まで割って入ってリング上は大荒れとなったが、参謀役の外道のアシストを受けたホワイトが内藤と飯伏をバックドロップで排除。さらにオカダにもバックドロップを見舞って暴行を加え、ブレードランナーでトドメを刺そうとしたが、オカダは逃れてドロップキックで蹴散らした。

 ホワイトを見下ろしながらマイクを持ったオカダは「オイ、ジェイ、何が2冠だ、この野郎!オイ、飯伏、何が伝説作るだ、この野郎!オイ、内藤、何が史上初の偉業だ、この野郎!」とそれぞれの野望を一蹴し、「最強はこのIWGPヘビー級チャンピオンだ。覚悟しとけ、この野郎!」と絶叫。最後は「2020年1月4日、1月5日、超満員の東京ドームでお会いしましょう。2019年、ありがとうございました」と宣言して締めくくった。

 インタビューでは「本当に最後の最後で刺激的な前哨戦ができたんじゃないかと思います。何かいろいろと強烈な一撃を食らいましたけど、1月4日にふさわしい選手が飯伏幸太じゃないかと思います。最後にライガーさんと触れることができましたし」と充実の表情。

 「別に2冠と言っても、ボクの中で一番輝いているのはこのベルト(IWGPヘビー級王座)なんで。もう1個ベルトが来ても、それはオマケになってしまうんじゃないかと。それぐらいこれを誇りにやってきました。(同王座とIC王座のダブルタイトル戦が行われる)1月5日とかどうでもいいですから。すべてを出し切って飯伏幸太に勝ちたいと思います」と同王座へのこだわりを主張した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス