文字サイズ

激闘のドネアが一夜明け10連続ツイート 試合後の井上との感動秘話明かす

 7日にさいたまスーパーアリーナで開催されたボクシング・WBSS決勝で、WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=に壮絶な激闘の末、判定負けしたWBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=が一夜明けた8日、自身のツイッターを更新。連続10投稿し、試合後に両選手の間で起こった感動の出来事をつづった。

 井上圧倒的有利といわれる中で、2回に左フックで右目上を切り裂き、9回には右カウンターを決めるなど追い詰めたドネア。11回に左ボディーでダウンし、KO寸前に追い込まれたが、最後まで戦い抜いた姿に観客からは万雷の拍手が送られた。

 試合後はダメージが深く「(井上は)真のチャンピオン」など勝者をたたえるコメントを陣営に託し、会見することなく病院へ直行していた。

 一夜明けてツイッターを更新。前半5つのツイートでは関係者、そして温かく迎えてくれた開催国日本への感謝を伝えた。

 そして後半、家族に関しての投稿となる。「最後に私の愛する家族へ。私は『モハメド・アリ・トロフィー』を獲得するために日本に来た。息子たちにそれをこの日の朝に見せると約束していた。だからイノウエに一晩だけ貸してくださいと涙ながらにお願いしました。私のためではなく、私の言葉のために」とツイート。

 「それは息子たちの人生の教訓となるでしょう。ベストを尽くしても足りないことがある。勝つこともあれば、負けることもある」とそう願った理由を説明。「息子たちは私たちが決して家に持ち帰ることができないトロフィーを見て、もっとハードにトレーニングに励みたいという意味を理解するでしょう。そして私は試合について話した。あきらめるよりも、命を懸けて闘うことの方が素晴らしいと。私たちは常に闘います」と決意を記した。

 最後のツイートには優勝者「NAOYA INOUE」の名前が刻まれたトロフィーに触れ、ドネアと抱き合う息子2人の動画。井上がドネアの願いを受け入れ、トロフィーを貸し出したことが明かされた。

 頂上決戦にふさわしい激闘を繰り広げ、試合後のリングでは二度抱擁して敬意を表した両雄。お互いへのリスペクトはリングを降りた後も続いていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス