文字サイズ

拓真無念の陥落 正規王者に大差判定負け 悔しさ糧に成長誓う

 「ボクシング・WBC世界バンタム級王座統一戦」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBC世界バンタム級王座統一戦は、尚弥の弟である暫定王者の井上拓真(23)=大橋=が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に0-3の判定で敗れた。

 「暫定」の2文字を取り去るどころか「王者」の称号まで失ってしまった。拓真が大差判定でプロ初黒星を喫し、王座統一に失敗した。4回にウバーリの強烈な左を食らい、たまらず尻餅をついた。

 想定外の採点だったという。8回終了時の公開採点では3者とも正規王者を支持。最大9ポイント差をつけられたが「感覚としては取っていると思っていた。(大差に)そんなかなと戸惑いがあった」と明かした。

 勝利するにはKO以外の選択肢がなくなり、「出るしかない」と最終回には猛攻。ダウン寸前まで追い込んだが、遅きに失した。

 日本人暫定王者の王座統一戦は過去3戦全敗の鬼門。辰吉丈一郎、高山勝成、亀田和毅が正規王者の前に返り討ちに遭っており、拓真もジンクスを覆すことはできなかった。

 今後もバンタム級にとどまり再起を目指す。兄尚弥が「拓真の敵(かたき)を取りたい」と語ったことに「やっぱり悔しい。自分で(倒したい)」と唇をかんだ。「最後倒し切る力が足りなかった。ポイントの取り方も勉強しないといけない」。悔しさを糧に成長を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス