文字サイズ

沢村一樹も井上尚弥の死闘を堪能「いや~最高」料理ドラマのいい“スパイス”に?

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 歴史的な一戦のリングサイドには、俳優の沢村一樹の姿も。「いや~最高でした。試合も雰囲気も。しかも井上選手がこんなに長いラウンド試合するのも滅多にない。すごく貴重な時間をいただいた。とってもいい思い出ができました」と、手に汗握る試合内容を堪能した様子。

 現在はTBS系のドラマ「グランメゾン東京」に出演中。「井上くんは別格。今ドラマ中なんですけど、無理矢理お願いして見にきました。刺激になりました」と、木村拓哉、鈴木京香らと共演するレストランが舞台の料理ドラマへのいい“スパイス”を手にしたようだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス