文字サイズ

井上尚弥「敵取りたい」弟・拓真に勝利のウバーリと統一戦望む

和田アキ子(左)、布袋寅泰(右)と記念撮影する井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ
3枚

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 セミファイナルでは、井上の弟でWBC世界同級暫定王者の尚弥の弟で暫定王者の井上拓真(23)=大橋=は4回にダウンを奪われ、0-3の大差判定で正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に敗れ、プロ初黒星を喫した。

 井上兄弟は今回が初めて2人そろってのダブル世界戦。弟が兄へ勝利のバトンを届けることができず、ダブル勝利とはならなかった。尚弥は試合後「敵を取りたいと思っています。実現するのであれば、WBCのウバーリ、統一戦をやりたいと思います」と敵討ちを誓った。

 これを聞いた拓真は「やっぱり悔しい。自分で…」と雪辱戦の思いを強めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス