文字サイズ

井上尚弥、トップランク社と複数年契約 次は米国で2試合との展望

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 優勝したWBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=と、米興行大手トップランク社が複数年契約を結んだことが発表された。

 WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に判定勝ちした井上は現在、全階級の選手を同一体重と仮定したパウンド・フォー・パウンドで最も権威があるとされる米リング誌のランキングで4位にランクされている。2位の3団体統一世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、3位のWBO世界ウエルター級王者テレンス・クロフォード(米国)もトップランクと契約する選手。今回の契約で、米国でさらなるビッグマッチへ進む可能性が高まった。

 井上は「このようなトップランク社と契約を結ぶことができてうれしく思っています。来年から厳しい戦いが待っていると思うので、また少し休んでから練習を精進してやっていきたいと思っています」と語った。

 トップランク社側は、契約年数については「複数年」とだけ回答し、「(この後)2試合はアメリカでできればと思っております。年末が近づくにつれて日本に戻ってこれればと思っております。アメリカで行われる試合はESPNの放送になります」と説明した。

 具体的な対戦相手の展望についての質問も出たが、「トップランクはこういったチームと選手とビジネスを支援するときに、目先のことは考えず、大きな視野をもって支援していきます」とし、過去に手掛けたフロイド・メイウェザー・ジュニアや、モハメド・アリらの名前を挙げ、「世界的ボクシングにおけるスターをつくる。これが井上選手とやっていきたいことです」と回答した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス