文字サイズ

小川直也戦の橋本真也は責任感が強すぎた 蝶野正洋が振り返る平成プロレス

 明けましておめでとうございます。蝶野正洋が振り返る平成プロレス新年1回目は小川直也選手と橋本真也選手について話そう。

 2人が抗争を繰り広げたのはnWoが活動していたのと同じ頃。柔道の世界チャンピオンから格闘家に転向した小川選手は、アントニオ猪木さんが始めた団体の所属選手として新日本プロレスに参戦していた。

 97年4月の橋本選手とのデビュー戦では勝ったけど、1カ月後の再戦ではKO負け。同年8月のグレート・ムタ戦では完全にnWoのアメリカンスタイルに食われて負けた。うまく才能を発揮できない状況に、猪木さんも新日本の本隊に任せていたらダメだ、あれだけのいい素材が生きないと思ったんだろう。そこで小川選手を自分のところに引き戻して、ストロングスタイルの新日本本隊にぶつける形にした。それが、不穏試合と言われる99年1月4日の橋本選手との3度目の対戦につながったんだと思う。

 あの試合は、小川選手が入場時から興奮状態。ゴングが鳴るといきなり顔面パンチを繰り出すなど、いつもと様子が違った。タックルで何度もしがみついてこらえる橋本選手を厳しく攻め続け、一方的に殴る蹴るの形でノーコンテストとなった。自分らは控室で見ていて不思議だった。これはプロレスなのか、小川選手が仕掛けているのかって感じだったけど、やっぱり仕掛けてるだろって。だったら、橋本選手はなんでやり返さないんだ。顔面を一発ぶん殴ればいいだろって思っていた。

 橋本選手は単なるケンカではなく、何かを見せないといけないという思いがあったのかもしれない。若い頃の橋本選手ならやり返していただろう。でも、注目されている試合で、リングに上がったからには何かを成立させないといけない。その責任感が強すぎて、ああいう形になったんだと思う。(プロレスラー)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      蝶野コラム最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス