文字サイズ

井上尚弥、WBSS参戦に強い意欲「出ないわけにいかない」

 弟の拓真(右)と同じリングでミット打ちをする井上尚弥
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界バンタム級タイトルマッチ」(25日、大田区総合体育館)

 3階級制覇に挑む井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内の所属ジムで練習を公開。オファーが届いている高額賞金トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」(WBSS)参戦に強い意欲を示した。

 WBSSにはWBA以外の主要3団体のバンタム級世界王者が参戦する。この日、大橋秀行会長は「試合が終わってから決めたい」と話すにとどめたが、井上は「出ないわけにはいかない。『出る』って書いてください」と報道陣に訴えた。

 一方で「25日に集中する。先のこと考えたら足をすくわれる」と強調。1階級上げた上に「これ以上ないバックアップを整えてもらった」と感謝し、コンディションは「今まで以上にいい」という。大舞台を前に、ここでつまずくわけにはい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス