文字サイズ

藤岡奈穂子、史上2人目の5階級制覇 42歳が判定で悲願達成

 WBO女子世界ライトフライ級王者となり、日本人初の世界5階級制覇を達成。吉川晃司に肩車される藤岡奈穂子
1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界女子ライトフライ級タイトルマッチ」(1日、後楽園ホール)

 藤岡奈穂子(42)=竹原慎二&畑山隆則=が、前IBF女子世界アトム級王者のヨカスタ・バジェ(25)=コスタリカ=を3-0の判定で下し、悲願の世界5階級制覇を達成した。アマンダ・セラノ(プエルトリコ)に次ぐ史上2人目の快挙。

 腰にベルトを巻き、歌手で俳優の吉川晃司に肩車されてファンの声援に応えた。「本当に難しいこと。達成できてうれしい」と喜んだ。「負けたときは引退も考えたけど大きな経験だった。続けてよかった」と本音をもらした。

 左フックを効果的に使い、粘り強いバジェに攻め勝った。「ビシッと来るパンチもあった。勝ちたい気が伝わってきた」と振り返った。「5階級制覇は最終目標」という藤岡が夢をかなえた。次のステージはどこだろうか。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス