文字サイズ

羽生結弦から見た宇野昌磨は…「弟分というよりもワンコに近い」 銀には「素晴らしい」

目頭を押さえる羽生結弦(左)と宇野昌磨(中央)。右はハビエル・フェルナンデス(17日)
3枚

 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=と銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が18日、テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」に平昌国際放送センターから生中継で出演した。宇野の存在をどう見ているのか、との質問に「弟分というよりもワンコに近いですかね」と日頃からかわいがっていることを明かし、日々の努力が銀メダルに結びついたことを喜んでいた。

 番組ではまず、宇野に「弟のように扱われているが、どう思っているのか」と質問が飛んだ。「すごいいろんな所で面倒を見ていただいて、本当にありがたいのと、申し訳ないという気持ちもあります」と少し恐縮して答えると、羽生も同様に「弟分みたいな感じなのか、刺激のしあいはどうか」と質問を受けた。

 羽生は「弟分というよりもワンコに近いですかね。本当にかわいい、かわいい、何か自分の…ペットじゃないんですけど、全然支配していないし、むしろ自由なので」とかわいがっていること明かし、「ずーっと一生懸命やっている姿は小さい頃から本当に僕も知っているので、こうやって真面目にやってきた分、結果が出ているのは本当に素晴らしいことだなと思っています」と、初の五輪で結果を残したことをたたえていた。

 羽生はキャスターの東山紀之ら出演者からの質問に一つ一つ丁寧に受け答えていた。スイッチが入ったタイミングについては、「平昌入りしている時にはスイッチを入れておかないと、すでに時遅しですね」とほほえみ。「自分の中でスイッチを入れたのは痛み止めを飲んでいいと言われはじめたころです。痛み止めを飲んで滑ってしまうと悪化する可能性が高いので、強い痛み止めしかきかなかったですけど、痛み止めを飲んでしっかり練習しはじめてからスイッチが入っていました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス