文字サイズ

スノボ国母和宏容疑者を逮捕 大麻取締法違反容疑…五輪「腰パン」騒動で批判

 国母和宏容疑者=2010年撮影
2枚

 プロスノーボーダーでバンクーバー冬季五輪出場経験もある国母和宏容疑者(31)が大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕されたことが6日、デイリースポーツの取材で分かった。麻薬取締部が経緯などを詳しく調べている。

 国母容疑者はスノーボード・ハーフパイプで06年トリノ、10年バンクーバー五輪に連続出場。

 8位入賞したバンクーバー五輪では、日本代表として現地に出発する際に、日本選手団公式スーツを崩して着用し、ネクタイを緩めドレッドヘアにサングラス、鼻ピアス「腰パン」姿で成田空港に現れ、全日本スキー連盟に批判が殺到した。現地到着後の会見でも「反省してまーす」、「ちっ、うるせーな」などと発言し、火に油を注ぐ騒動となった。

 その後プロスノーボーダーとして活躍。13年には全日本チームのアドバイザー(テクニカルコーチ)に起用され、後輩選手の五輪メダル獲得に貢献していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス