文字サイズ

阪神がDeNAに3連勝 メッセ8勝目

3回DeNA無死、DeNA・飛雄馬の打球を捕りに行く阪神 ランディ・メッセンジャー=京セラドーム(撮影・田中太一)
5回阪神2死、遊内野安打を放つメッセンジャー=京セラドーム(撮影・持木克友)
好投した阪神 ランディ・メッセンジャーに笑顔のベネッサ夫人と子供たち=京セラドーム(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「阪神3-1DeNA」(23日、京セラ)

 阪神がわずか4安打ながら効率よく得点し、今季5度目の同一カード3連戦3連勝、貯金を最多タイの「8」に戻した。

 初回1死二塁から福留が2試合連続となる先制の右前適時打。四回にはマートンが左翼席へ今季8号ソロを放って加点。さらに五回、2死走者なしからメッセンジャーの遊撃内野安打の後、鳥谷の右前打で一、三塁とし、大和死球で満塁。続く福留の押し出し四球で3点目を奪った。

 18日の巨人戦で5失点KOのメッセンジャーが中4日で先発。五回まで安打は投手のモスコーソに許した中前打1本のみと、抜群の立ち上がり。四回から五回にかけては2番・山下幸以下を4連続三振に仕留めるなど、六回まで毎回の9三振と好投を見せた。

 八回、嶺井に左前適時打を許して失点したが、8回3安打11奪三振、無四球の1失点にまとめ、7月26日のDeNA戦以来となる8勝目を挙げた。

 2桁奪三振は今季5回目で通算15回目。九回を無失点の呉昇桓が38セーブ目をマークした。阪神はこれで今季の京セラドーム主催試合で9連勝。昨年から12連勝となった。

 7月26日以来、約1カ月ぶりの白星となったメッセンジャーは「今まで続けてきたことを、今日もしっかりとできればと思っていた。今日もそれができました。今日の1勝で、どんどんノっていきたいと思います」とホッとした表情で話した。

 先制打を含む2打点を挙げた福留は、東京ドームでの巨人戦3連敗の直後に挙げた3連勝だけに、「イヤな感じで帰って来ましたけど、ホームでこれだけのお客さんの中で、いい後押しを受けてプレーできたのが良かったと思います」と笑顔で話した。

 メッセンジャーに3安打に封じられたDeNAは、今季ワーストの借金10となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス