文字サイズ

阪神 9年ぶり日本シリーズ進出決めた

クライマックスシリーズ・ファイナルステージを制し喜ぶ呉昇桓(中央)=撮影・棚橋慶太
3枚

 「セCSファイナルS第4戦、巨人4-8阪神」(18日、東京ド)

 阪神が打撃戦を制し、リーグ覇者の巨人に4連勝。2005年以来9年ぶり6度目の日本シリーズ進出を決めた。07年のCS制導入以降では初となる。

 初回から巨人の先発・小山に襲いかかった。2死一、二塁から5番マートンが先制の3ラン。1ボールから小山が投じたフォークを仕留め、左中間席へ運んだ。

 勢いは止まらない。続く福留が直球を仕留め、右翼席へ2者連続アーチ。勝てば日本シリーズ進出が決まる一戦で、一回にいきなり4-0とリードした。

 続く二回にも1番西岡が貴重な2ランだ。1死二塁から小山の高め直球を豪快に振り抜き、右翼席へたたき込んだ。

 西岡は一塁ベースの手前で右手を振り上げ、ガッツポーズ。6-2。この一打で小山をKOし、阪神ファンで埋まった左翼席はお祭り騒ぎとなった。

 その裏には巨人・亀井が2戦連発のソロ。三回にも1点を返され6-2と追い上げられたものの、七回には1死満塁から4番ゴメスが久保のフォークをすくい上げて左前へ2点タイムリー。8-2と再び突き放した。

 九回には呉昇桓がCS6連投となるマウンドへ。ここまでCSでは無失点だった守護神は先頭の代打セペダに右越えソロ、続く1番坂本には左越えソロと連続アーチを許し8-4と迫られながらも踏ん張った。

 先発の能見は、5回を9安打2失点。毎回安打を許しながらも粘りの投球をみせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス