文字サイズ

和田監督、痛快タクト 継投もズバッ

 最後を締めた呉昇桓(左)をねぎらう和田監督
1枚拡大

 「セCSファイナルS第3戦、巨人2-4阪神」(17日、東京ド)

 猛虎の進撃が止まらない。敵地をわが庭のごとく縦横無尽に駆け抜けた痛快な逆転勝利。向かうところ敵なし。阪神が日本シリーズ進出をかけた頂上決戦で破竹の3連勝。侵攻を阻む者はただ倒すのみ。一気に決める。

 和田采配が勝負のキーポイントになった。2点を先制され、初めて追いかける展開を強いられた3戦目。四回、1死満塁の反撃機を逸し、つかみ損ねた流れを動に転じることで引き寄せた。

 六回、先頭の上本が右前打を放つも、鳥谷が空振り三振。停滞しかけた空気。虎将が打ち破った。ゴメスの2球目に二盗。「動きを入れたいなと。あそこで流れらしきものが来た」。主砲が反撃の適時打。流れは太さを増した。

 動きはさらに加速した。マートンが左前打で続いた1死一、二塁で起用した代打・福留が同点の適時二塁打。関本、新井もつぎ込んだ代打攻勢。一気の勝ち越しとはならなかったが、攻めの姿勢は相手に絶大な恐怖感を与えた。

 八回にはポストシーズン初登板となる松田を起用。2死一、二塁のピンチを招いたところで守護神・呉昇桓を投入。若手の投入、切り札の指名。主導権を奪ってからの展開は、構想通りに進んだ。

 背番号86の体を押す強烈な追い風。「あした決めるとかじゃなくて、日々初戦という気持ちで臨みます」。邪念を捨て、眼前の試合に全力を傾ける。シーズンでは苦杯をなめた下克上マッチ。4連勝スイープでド派手に飾る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス