文字サイズ

ベストヤングプレーヤー賞に浅野拓磨

 今季のJリーグの表彰を行う「2015Jリーグアウオーズ」が21日、都内で行われた。新人王に相当するベストヤングプレーヤー賞をFW浅野拓磨(21)=広島=が受賞した。

 受賞に際して、「スタートから出たい気持ちが常にある中で、与えられた役割を100%守ってやると思っています。来年はスタメンを目指して、チームの勝利に貢献したい。得点王を狙いたい」とさらなる成長を誓った。

 今季はもっぱら佐藤寿人に代わって投入されるスーパーサブとして活躍。豊かなスピードと得点感覚を武器にリーグ戦は32試合で8得点という成績だったが、出場時間は1048分。90分換算で12試合に満たないことを考えると、非常に高い得点能力を発揮した。開催国枠によるJリーグ王者として出場したクラブW杯でも、準々決勝のマゼンベ戦で1得点をマークした。

 広島からの同賞の受賞は00年の森崎和幸以来。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス