文字サイズ

AKB総選挙 終盤視聴率急上昇17・6%

 18日にフジテレビ系で生中継された「第8回AKB48総選挙SP」の視聴率が、トップ3が発表された第3部(午後8時51分-同9時24分)で17・6%を記録したことが20日、分かった。瞬間最高は午後9時10分の19・9%で、連覇を果たしたHKT48・指原莉乃が呼び込まれた時間帯だった。

 番組は18日午後6時半から中継され、第1部(午後6時30分-午後7時00分)が6・2%、第2部(午後7時00分-8時51分)が8・7%だったが、優勝争いの結果が発表された第3部に入ると数字が急上昇した。

 同総選挙は指原が、2年ぶり女王奪還を目指すAKB48・渡辺麻友との激戦を制し、史上初の連覇を果たした。AKB48総選挙は12年以降、同局系で放送され、指原が“視聴率女王”となるのは4回目。

 (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 【過去のAKB48総選挙の視聴率】

 ◆12年・第4回総選挙…平均18・7%、瞬間最高28・0%(前年9位から4位にジャンプアップした指原莉乃のスピーチ場面)

 ◆13年・第5回総選挙…平均20・3%、瞬間最高32・7%(初の1位を獲得した指原莉乃の名前が告げられた場面)

 ◆14年・第6回総選挙…平均16・2%、瞬間最高28・7%(1位の渡辺麻友がコールされ、ステージに登場する場面)

 ◆15年・第7回総選挙…平均18・8%、瞬間最高23・4%(1位の指原莉乃がコールされた場面)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス