文字サイズ

大谷、3番で昨季サイ・ヤング賞左腕と対決 前夜は日本人初のサイクル安打達成

試合前に敵地のファンにサインをサービスする大谷(撮影・小林信行)
3枚

 「レイズ-エンゼルス」(14日、セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)がレイズ戦(15日午前8時10分開始)に「3番・指名打者」で出場することが発表された。

 大谷はここまで31試合に出場し、打率・281、8本塁打、26打点。前日13日は4打数4安打3打点でメジャーでは日本人初となるサイクル安打の偉業を成し遂げた。最近12試合で6本塁打をマークしている。

 レイズの先発は昨季のサイ・ヤング賞左腕スネル。今季はここまで13試合に登板し、4勝5敗、防御率3・50の成績を残している。

 大谷は昨年5月18日に対戦して2打数1安打1四球。左中間二塁打、四球、一ゴロだった。試合後は二塁打について「正直、左ピッチャーの98マイル(約158キロ)っていうのは今まで体験したことがなかったので『どうやって打ったらいいんだろうな』っていう、ビデオもそうでしたけど、打席に入って、速いなって感じましたし、そこに対して数球でしっかり対応していけたっていうのはよかったんじゃないかなと思います」と話していた。

 エンゼルスのラインアップは以下のとおり。打率・304、チーム2位の15本塁打&39打点と好調のラステラが左前腕の張りで試合開始直前にラインアップから外された。

1番・三塁 フレッチャー 打率・306、4本塁打、23打点

2番・中堅 トラウト   打率・286、18本塁打、44打点

3番・DH 大谷     打率・281、8本塁打、26打点

4番・一塁 プホルス   打率・238、12本塁打、37打点

5番・左翼 プエヨ    打率・417、3本塁打、11打点

6番・右翼 カルフーン  打率・238、14本塁打、36打点

7番・捕手 ルクロイ   打率・232、7本塁打、25打点

8番・遊撃 トバー    打率・136、0本塁打、0打点

9番・二塁 レンヒフォー 打率・218、1本塁打、10打点

   投手 ヒーニー  0勝1敗、防御率5・40

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス