文字サイズ

【地方競馬】ドットが園田の金剛山特別で初勝利 JRAの角田親子が1、3着の共演

 金剛山特別を制して初勝利を挙げたドット(左)=撮影・中山伸治
 初勝利を挙げたドットと富田暁(撮影・中山伸治)
2枚

 「JRA交流・金剛山特別」(29日、園田)

 開催初日の10Rで、JRA4頭、地元7頭の計11頭により、距離1400メートルで争われた。3番人気で角田晃一厩舎のドットが、4角先頭から押し切って初勝利を挙げた。2着は地元馬シュルヴィーヴル、3着には角田大河騎乗のウイングクレバー。JRAの角田親子が1、3着に名を連ねた。今村聖奈騎乗のペララスは7着に終わった。

 レースは、ベラジオマサキが逃げてドットは2番手。シュルヴィーヴルが向正面から進出して3角で先頭に並んだ。それと同時に、ドットもスパートして4角で先頭に立つと、シュルヴィーヴルとの競り合いを制した。

 ドットは骨折での休養明けだったが、初勝利を挙げて復調を示した。「積極的に行ってとジョッキーには伝えていた。内にささることもなかった。能力はあるので、これからですね」と角田師。デビュー2戦目での1着に安どしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

注目レースプレイバック最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス