文字サイズ

【玉野競輪】内村泰三が地元勢後位で脚をため最後は突っ込む

 「ミッドナイト競輪・WINTICKET杯・F2」(16日開幕、玉野)

 前回のリベンジを狙う内村泰三(46)=山口・72期・A1。7月当地のミッドナイトシリーズでも特選スタートだったが、その時は地元勢が4車で並び、位置もなく5着。準決も同県の安本昇平と共倒れとなって6着とA級降格初戦は準決で敗退となった。それでも最終日は前を任せた石黒健(広島)の番手から別線のまくりに合わせ踏み込んで1着と意地を見せた。

 その後も決勝を外していたが、直前の地元・防府で決勝3着に食い込み、リズムは上がってきている。

 初日9Rは守谷陽介-近藤範昌(ともに岡山)の地元勢の後位を固める。前の2人にスピードをもらい、ゴール前はコースを探して突っ込むのみだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ミッドナイト競輪特集最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス