文字サイズ

【大阪杯馬体診断】ワグネリアン

ワグネリアン
1枚拡大

 「大阪杯・G1」(31日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、大阪杯に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ワグネリアン 評価B】

 神戸新聞杯(1着)以来、6カ月ぶりになるが当時はあばらがうっすらと浮き出ていた。今回はそれがなく、いくらか余裕が残っている印象。残り1週で、どこまで絞れるかがポイントだ。それでも肩の筋肉やトモの筋肉がボリュームアップしており、だいぶ古馬らしい体つきになってきた。

 体高と体長のバランスから中距離向きの体形をしているが、典型的な中距離馬よりも多少首回りが細く、中長距離がベストでは。馬体には張りがあり、順光という好条件を差し引いても毛ヅヤの良さは目を引く。体調自体は好調時と遜色ない。

(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東芝で6F78秒3-35秒5-11秒3(馬なり)。スーパーフェザー(4歳1000万下)を1秒追走して併入した。帰厩後は11本の追い切りを消化と、乗り込み量は十分。ひと追いごとに動きが素軽くなり、キビキビとしたフットワークが目を引く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス