文字サイズ

【高松宮記念】スノードラゴン&菜七子悔しい17着 「かわいそうな競馬に」

 17着に終わった藤田菜七子は悔しげな表情を見せる
1枚拡大

 「高松宮記念・G1」(24日、中京)

 短距離界に新星誕生だ。3番人気のミスターメロディが好位から抜け出し、新スプリント王に輝いた。2着に一昨年の覇者で12番人気のセイウンコウセイが、3着には17番人気のショウナンアンセムが入り、3連単は449万7470円の大波乱。なお、1番人気のダノンスマッシュは4着、藤田菜七子騎乗のスノードラゴンは17着に終わった。

 14年スプリンターズS覇者スノードラゴンはブービー17着。道中でいったん手綱を引っ張るシーンもあり、見せ場をつくることはできなかった。

 フェブラリーS(コパノキッキング=5着)に続き、自身2度目のG1騎乗を終えた藤田菜七子は「3コーナーで危ない場面があって、かわいそうな競馬になってしまった」と唇を噛んだが、「この経験を生かして、来週から頑張りたいと思います」と、5週連続Vの懸かる次週へ意気込みを新たにしていた。なお、スノードラゴンは今回がラストラン。今後は北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬入りする予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス