文字サイズ

【ボート】毎週行われている女子戦から目が離せない 無観客でも売上絶好調

女子戦のピット風景
2枚

 「ボート記者コラム・仕事 賭け事 独り言」

 本年度から、ヴィーナスシリーズも全24場で行われることになり、年間の女子戦が12開催増えた。これで、これまで年間24場で行われていたG3・オールレディースに加えて、プレミアムG1・レディースチャンピオン、クイーンズクライマックス、G2・レディースオールスター、レディーズチャレンジカップ(賞金ランク上位20人が参加)を含めると、女子戦は52開催行われることになった。

 1年間は52週。ほぼ女子戦は毎週開催されている。今年からボートレースを始めた友人は、選手も覚えやすいということで、女子戦にハマっているが「女子戦は休ませてくれませんね」と開催の多さに驚いていた。

 女子レーサーの数は223人(4月1日現在)。毎週レースがあるとなると選手の確保も大変だ。特にヴィーナスシリーズは登録16年未満の出走条件があったが、今年度からはOG枠を新設。毎節12人程度のヴィーナス卒業選手があっせんされることになり選手を確保している。

 3月のG2・レディースオールスター(鳴門)で久々のビッグタイトルを手にしたベテランの岩崎芳美(徳島)に話を聞くと「女子戦が注目されてありがたいですね。開催数は増えたけど、逆に女子戦のあっせんだけなら5日くらいは休みがあるし体力的には楽」とレース数が増えたことに問題はなさそう。むしろ「若い人は、強いベテラン選手が入って来て困っているかも知れないが、最近の若い女子はソツなくレースをするし、レベルは上がっていますからね。自分たちも負けないように意識が上がって来てます。これからも女子戦をアピールしていきたいですね」とお互いが切磋琢磨(せっさたくま)して女子戦を盛り上げるつもりだ。

 4月のからつG3・オールレディースで開幕した本年度の女子戦。ここまで12開催が行われたが、周知の通りボートレースは新型コロナ対策として無観客で行われてきた(5月22日の大村から徐々に解除)。日本中がコロナ禍で、多くのスポーツが自粛している中、開催ができているだけでもうれしいが、予想に反して売り上げも好調。GWに三国で行われたG3・オールレディースでは37億8179万3900円を売り上げて、前年比120%の数字をたたき出した。

 勢いの止まらないボートの女子戦。8月には多摩川でプレミアムG1・レディースチャンピオン(8月5~10日)が行われる。これからも盛り上がり必至の女子戦から目が離せない。(関西ボート担当・安藤浩貴)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      レース記者コラム最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス