文字サイズ

デアリングタクトが右前肢繋靱帯炎 全治は不明で宝塚記念は絶望的

 昨年、無敗で牝馬3冠を達成したデアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴)が右前肢繋靱帯炎を発症したことが明らかになった。14日、所有するノルマンディーオーナーズクラブのホームページで発表された。

 管理する杉山晴師は「修復するまでにある程度リハビリ期間が必要だと思います。着地検疫期間を終えた後にトレセン診療所で再度検査を行い、今後の治療方針を考えていく予定です。このような報告となってしまい大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメントした。全治は不明だが、次戦に予定していた宝塚記念(6月27日・阪神)は絶望的となった。

 同馬は昨年、史上初の無敗3冠に輝くと、“世紀の一戦”とうたわれたジャパンCでアーモンドアイ、コントレイルと激闘を繰り広げて3着。今年に入ってさらなる躍進が期待されていたが、金鯱賞で2着、香港のクイーンエリザベス2世Cで3着と勝ち鞍を挙げられず。豪華メンバーが参戦する宝塚記念での巻き返しに注目が集まっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス