文字サイズ

【競輪】松浦悠士が武雄記念を連覇 清水裕友目標から鋭脚発揮で10回目のG3優勝

武雄記念で優勝して花束を受け取った松浦悠士
武雄記念で優勝して賞金ボードを掲げる松浦悠士
武雄記念の決勝は(3)松浦悠士が抜けだして1着
3枚

 「大楠賞争奪戦・G3」(25日、武雄)

 12Rで決勝戦が行われ、松浦悠士(30)=広島・98期・SS=が最終ホームから先行した清水裕友(山口)を差し切って1着。武雄記念は連覇、G3は今年4回目、通算10回目の優勝を飾り、賞金381万円を獲得した。松浦マークの小倉竜二(徳島)が2着、南関勢後位から切り替えてバックで内を突き、直線も内に入って伸びた佐藤慎太郎(福島)が3着に入った。

 松浦がきっちりと結果を出した。清水マークから抜け出して先頭でゴール。「清水君を残せなかったの残念だったけど、小倉さんとワンツーができました」。中四国勢での1、2着決着に笑顔だった。

 レースは打鐘から出入りが激しかった。山田庸平(佐賀)、郡司浩平(神奈川)で踏み合うところを、清水が力任せに仕掛けて、最終ホームで先頭へ。清水が快調に飛ばすが、いったん下がった郡司が最終2角から巻き返す。松浦は郡司をけん制しながら、きっちりと清水をかわした。

 松浦は今場所の3日目にフレームを交換。「練習の感じより、もう少しやりたかった」と言うが、次のG1・日本選手権(5月4~9日・京王閣)も「これを使います」とキッパリ。G3初優勝となった2018年12月の広島記念より前は「上位クラス相手には気持ちで負けていました」と思っていたが、今は自身が競輪界のトップレーサー。「いい状態で行けますね」。京王閣では日本選手権初優勝、G1V3へバク進あるのみだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス