文字サイズ

【愛知杯】センテリュオ“一走入魂” 高野師「走れるいい体」

 「愛知杯・G3」(16日、中京)

 所有するキャロットクラブの規定により、現役を続けられるのは6歳の3月末まで。残された時間は少ない。“一走入魂”のセンテリュオが13日に栗東坂路で最終リハ。1本目を4F71秒2で駆け上がって馬体をほぐすと、2本目の本追い切りへ。しっかりと追われて4F53秒7-38秒7-12秒5で締めくくった。

 高野師は「動きは変わりなくいいですし、走れるいい体をしています。この年齢になって調子の変動の幅が少なくなってきました」と、ハイレベルで安定した姿に目を細めた。

 昨秋のオールカマーで重賞初制覇。牝馬限定のG3なら地力は上位となるが、「展開に左右されるタイプ。中京芝2000メートルは後ろから追い込めるコース形態でもないですし、馬自身も左回りの実績がないですから」と慎重に構える。

 「あとはこの馬のポテンシャルの高さと、鞍上の技量に任せます」と指揮官。コンビを組むのは4年連続リーディング、先週のフェアリーSでもファインルージュをVに導いたルメール。信頼の置けるパートナーを背に、2つ目のタイトルを頂く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス