文字サイズ

【競輪】競輪祭で郡司浩平がG1初優勝 グランプリは守沢太志が9位で滑り込み

G1初優勝を飾り賞金ボードを高く掲げる郡司浩平
3枚

 「競輪祭・G1」(23日、小倉)

 12Rで決勝戦が行われ、郡司浩平(30)=神奈川・99期・SS=が1着。主導権を取った松井宏佑(神奈川)を追走し、最終2角から番手まくりを決めて優勝。デビューから9年10カ月で念願のG1タイトルを手にし、年末のKEIRINグランプリ2020(12月30日・平塚)出場権を手に入れた。2、3着には平原康多(埼玉)、稲川翔(大阪)の順で入った。

 見事に競輪王に輝き、念願だったG1タイトルを手にした郡司。「ずっと欲しかったG1のタイトル。取れてホッとしている」と厳しい戦いとなったレース直後は、肩で息をしながら喜びをかみしめた。

 「気持ちがこもった走りでしびれた」と後輩の思いが伝わるレースだった。「作戦は松井君が行くところを行って、緩めずに掛かっていた」と前を任せた松井が赤板ホームからスパートして主導権を奪取。「自分は相手の仕掛けを見ながら、合わせながら」と最終2角で番手から踏み上げた。直線では平原がいいスピードで迫るも「イメージより早く(番手から)出たけど、押し切れてよかった。最後は無我夢中。どっちが勝ったか分からなかったけど、お客さんの声援が自分の方にあったのでそれで確信ができた」と2分の1車輪差で激戦を制し、栄光のゴールを駆け抜けた。

 KEIRINグランプリ出場へは当確の状態で迎えた決勝戦。「(G1優勝で)気分的に違う。最高の形で迎えられる」と地元の神奈川県で行われる年末の大一番へ大きな弾みを付けた。

 大一番は2年連続で出場。「去年は参加するだけになってしまったけど、今年は取りに行くつもりで走る」と力強く宣言。脇本雄太(福井)、新田祐大(福島)ら東京五輪出場組に清水裕友(山口)、松浦悠士(広島)の中国ゴールデンコンビを相手に真っ向勝負で頂点を目指す。

 また、この結果により、KEIRINグランプリ2020(12月30日・平塚)出場選手が決定。清水、脇本、松浦、郡司、平原、佐藤慎太郎(福島)、和田健太郎(千葉)、新田、守沢太志(秋田)の9人で、山田英明(佐賀)は次点となった。

 守沢はこの日の10Rで3着。決勝は控室で観戦した。「グランプリに乗りたかったし、めちゃくちゃ興奮した。声も出ましたよ。まるでファンのようだった」と初出場にホッとした表情を浮かべた。

 和田も初出場。「決勝で郡司君に離れてしまった。出場が決まったことはうれしいが、競輪祭決勝は反省しかない。グランプリ本番まで練習します」とレース後に語った。

 KEIRINグランプリ2020に出場する9人は、12月27日から21年12月26日まで、S級S班としてレースに臨む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス