文字サイズ

【マイルCS】展開から浮上するのはこの馬だ

 「マイルCS・G1」(22日、阪神)

 レシステンシアと北村友がコンビ復活。スローに落として敗れたチューリップ賞と同じテツは踏むまいと強気の逃げに打って出る。

 直後に続く先行勢もアドマイヤマーズやサリオスなど実力馬ぞろい。道中は息つく間もない締まった流れで、決着時計は1分30秒後半から31秒前半を想定。生半可な差し馬が台頭する余地はなく、前半5F通過57秒3のハイペースとなった安田記念のように、スプリント色の濃いハイレベルな一戦になりそうだ。

 スピード、瞬発力ともに秀でたグランアレグリアにとって、ラストまでしっかり脚をためられる阪神外回りは好都合。ここ2走と同様に、直線ではじける姿が目に浮かぶ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス