文字サイズ

【危険な人気馬】京都11R デアリングタクト

 【京都11R・デアリングタクト】秋華賞が行われる舞台は京都芝2000メートル。トリッキーな内回りコースで行われるため、器用に立ち回れる機敏さが求められる。

 無敗三冠を目指すデアリングタクトが卓越した能力を持っているのは確か。しかし、直線の短いコースは新馬戦で勝っているとはいえ、当時とはメンバーが違う。桜花賞、オークスとも後方からの競馬で差し切った。だが、今回は追い込んで届かず、の場面があっても決して不思議ではない。

 【京都12R・ソルドラード】ダートはここまで3戦して2勝、2着1回と底を見せていない。ただ、東京での前走は一気に差し切ったが、直線平たんの京都は前が簡単に止まらない。昇級戦で同じ芸当ができるかどうか。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス