文字サイズ

【POG】良血ソーヴァリアント、追い切り開始(美浦発)

 競馬新聞「馬サブロー」が誇るPOGマスター、木村拓人(美浦)と塩手智彦(栗東)がお送りするPOG情報。これからのデビューに向けて準備を進める若駒を中心に東西のトレセンでつかんだ情報をお伝えします。

 新馬戦の出走希望数が多く、特にマイル戦は毎週多くの除外馬が出ています。狙った鞍に使えないのは難しい調整を余儀なくされてしまいますし、あまり歓迎する事象ではないのですがね。3歳未勝利が終了してどの陣営も本格的に2歳戦に力を入れる時期になるため、致し方ない面もあるのですが、もう少し何とかならないものかと思ってしまいます。ちなみにデアリングタクトの全妹マオノジーナス(牝、黒岩、父エピファネイア、母デアリングバード)は見事に抽選を突破して9月20日の中山・芝1600m(牝馬限定)に出走確定。ここが最も狭き門でしたから、やはり持っている馬なのかもしれません。

 兄姉にマジックキャッスル、ソーグリッタリングなどOP級の活躍馬がいるソーヴァリアント(牡、大竹、父オルフェーヴル、母ソーマジック)は当初放牧に出る予定でしたが、デビューに向けて追い切りを開始。今週は軽めでしたが、体つきはさすがに良血馬。どんどん良くなっていきそうな雰囲気を感じさせます。このままデビューとなれば中山最終週。もしくは東京となりそう。レインフロムヘヴン(牡、堀、父ドゥラメンテ、母レディオブヴェニス)も同じような時期でのデビューとなりそう。

 芙蓉Sを予定しているアランデル(牡、大竹)も追い切りを消化しました。馬場に向かっていく姿を見た某調教師が「あれいい馬だねぇ。なんていう馬?」と聞いてくるほど見栄えが良く、こちらも2戦目でどんな競馬を見せてくれるか楽しみです。

 伸びのある歩様で歩けているのがヴァイスメテオール(牡、木村、父キングカメハメハ、母シャトーブランシュ)。母父キングヘイローに多く見える特徴ですが、非常に伸びやかで筋肉のつき方も上々。なかなか楽しめそうな素材です。10月8日の中山・芝1800mでデビュー予定です。

 9月12日の中山新馬戦でまんまと逃げ切ったマーサーアン(牡、大和田)は百日草特別を目標に調整が進められる。(馬三郎美浦支局・木村)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス