文字サイズ

【POG】ダノンザキッドが3馬身差V 北村友「強い競馬でした」

 「阪神5R・新馬戦」(28日、阪神)

 他を圧倒する脚力を示して完勝。ジャスタウェイ産駒の2番人気ダノンザキッド(牡2歳、栗東・安田隆)が、芝1800メートルの一戦を制した。タイムは1分48秒3(稍重)。道中は好位の外めを追走。4角を勢い良く通過して直線に向くと、やや内に切れ込むような形で抜け出し、先頭に立ってからは独走。ほぼ馬なりで後続を離し、3馬身差をつけてフィニッシュした。

 北村友一騎手は「能力は感じていましたが、追い切りでは手前がうまく変わらず、ワンペースの印象があって甘くなるかなと思っていました。レースではいいところにつけられたし、最後もしっかりと手前を変えて、ギアが変わりましたね。強い競馬でした」と評価した。

 なお、2着は3番人気のワンダフルタウン。1番人気に支持されたモーリス産駒テンバガーは、2着から2馬身差の3着に敗れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス