文字サイズ

【エプソムC展望】上がり馬ピースワンパラディが重賞初Vを狙う

 「エプソムC・G3」(14日、東京)

 一段ずつ階段を上り、オープンまでたどり着いたピースワンパラディ。ここまで8戦して〈4、2、2、0〉と抜群の安定感を誇っている。全8戦中5戦で最速上がりをマークしているように、末脚が生きる府中は歓迎だ。デビュー3戦目で挑戦した青葉賞が3着。重賞の舞台でも気後れすることはない。大竹師は「この馬に重賞を勝たせたい」とVへ意欲を見せる。

 アトミックフォースは前走の新潟大賞典を逃げて2着に好走。勝ったトーセンスーリヤに目標にされる厳しい競馬になりながらも、最後までしぶとさを発揮した。武藤師は「トモがパワーアップして、レースぶりが良化した」と力をつけていることを強調。3勝を挙げる得意の東京で重賞初Vを狙っている。

 前年覇者のレイエンダも好ムードだ。気難しい面が邪魔をして、成績は安定しないものの地力は上位。ダービー卿CTは馬群の中からしっかり伸びたように、ここにきて精神面の成長が見られる。

 オープン特別で好走を続けるサトノアーサー。前走の都大路Sでは、メンバー最速の上がりで3着と見せ場をつくった。2年前にこのレースを勝った実績は見逃せない。

 他では、メイSを制して勢いに乗るアイスストーム、高い素質を秘めるアンドラステ、昨年の中日新聞杯を勝ったサトノガーネットに注目だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス