文字サイズ

【ボート】吉川元治、史上2人目クラシック連覇 故松本さんに「いい報告できた」

 「ボートレースクラシック・SG」(22日、平和島)

 吉川元浩(47)=兵庫・79期・A1=がエース13号機のパワーを遺憾なく発揮してイン逃げで圧倒。西島義則(1997、98年)に次ぐ史上2人目のクラシック連覇を達成して、優勝賞金3900万円を獲得した。SG優勝は昨年5月オールスター(福岡)以来で4回目。2着は2周1Mを先取りした吉川昭男、3着は坂口周だった。

 エース13号機を完璧に仕上げ、コンマ09の全速Sで他を寄せ付けない完勝劇だった。ゴールの瞬間、吉川は深々と一礼。ウイニングランでは、誰もいないスタンドへ向けて、大きく手を振った。誰かが見てくれている。その先へ向かって…。

 インタビュールームでの記者会見。「珍しくエース機を引いて、後押ししてくれる何かがあるな、と…」と語り始めたが、こみ上げるものを抑えきれなくなった。「いろいろあったので…。いい報告ができた」。涙をぬぐいながら言葉を絞り出す。思い浮かべていたのは2月10日の尼崎G1・近畿地区選4日目9Rの転覆事故で亡くなった松本勝也さん(享年48)だ。松本さんは吉川より1つ年上。後輩の活躍を自分のことのように喜び、昨年のグランプリ前には食事に誘って壮行会を開いてくれたという。「実の兄みたいな感じ。本当に優しい先輩。喜んでくれていると思う」と天国の先輩へ語りかけた。

 昨年はクラシック、オールスターとSG連覇で始まったが、賞金獲得額は3位に終わった。「昨年は後半でリズムを落とし、グランプリは悔しかった」。今年のグランプリ(12月15~20日)は平和島。松本さんへの思いも背負って、今年こそ頂点取りを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス