文字サイズ

JRA調教師試験に四位が合格 ウオッカ&ディープスカイでダービー連覇の名手

 JRAは5日、2020年度の新規調教師免許試験合格者を発表。四位洋文騎手(47)=栗東・フリー=が、2度目の受験で見事難関を突破した。

 07年ウオッカ、08年ディープスカイでダービーを連覇するなどJRA・G1を15勝し、JRA通算1583勝を挙げる名手。来年2月末にジョッキーを引退し、トレーナーへの道を歩む。

 その他の合格者は以下の通り。

 伊坂重信(いさか・しげのぶ)

 杉山佳明(すぎやま)

 鈴木慎太郎(すずき・しんたろう)

 田中克典(たなか・かつのり)

 茶木太樹(ちゃき・たいき)

 辻哲英(つじ・てつひで)

 辻野泰之(つじの・やすゆき)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス