文字サイズ

【ボート】BBCTは田村隆信が初代覇者に イン速攻で今年3回目のG1優勝

初代チャンピオンのベルトをかつぐ田村隆信
3枚

 「バトルチャンピオントーナメント・プレミアムG1」(1日、平和島)

 新設されたプレミアムG1シリーズは12Rで決勝戦が行われ、1号艇で人気を背負った田村隆信(41)=徳島・85期・A1=がインから楽々と押し切って1着。1分45秒8と平和島のレコードタイ(出力低減モーター導入以降)で初代チャンピオンに輝いた。G1優勝は11月蒲郡周年以来となる今年3回目、通算14回目。2着に長田頼宗(東京)、3着に吉川元浩(兵庫)が入った。

 決勝戦は田村が圧逃劇を見せ“残り福”で転がり込んだチャンスを生かし切った。進入は枠なり3対3の並び。Sは「全速で行った」とインからコンマ12の快ショット。1Mを危なげなく先マイして独走隊形を築くと、他艇を一切寄せ付けずにゴール。1分45秒8の平和島レコードタイ(出力低減モーター導入以降)で、初代チャンピオンに輝いた。

 1回戦、準々決勝、準決勝と勝ち上がりでは1着なしで田村は決勝戦に進出。ボート界初のアミダくじによる枠番抽選前には「(最近の流れから)6号艇を引くことはないと思う」と断言。一番最後にくじを引き、1号艇をゲットした。運も味方に付けた優勝に「棚からぼた餅という言葉がぴったり。(このシリーズを)一番楽しんだんじゃないかな」と笑顔で語った。

 今年は10月に地元の鳴門周年を制すと、11月に蒲郡周年も優勝。そして今シリーズも優勝し、丸2カ月でG1V3と勢いづく。「年間3回のG1優勝は初めてですね。リズムだけで言えば、一番いいんじゃないですか」。5年ぶりに臨むSG・グランプリ(17~22日・住之江)へは「やれそうですね」と不敵な笑みを浮かべる。本人は「リップサービスです」と付け加えたが、現状の田村なら決して不可能ではないだろう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス