文字サイズ

【POG】新馬総括23日 超良血馬ファーストフォリオがV発進 父はキンカメ

 先週土曜日は東京、京都の2場で計4レースが行われ、京都ではサートゥルナーリアの妹、ファーストフォリオが1番人気に応えてデビュー勝ち。東京では凱旋門賞馬の父を持つターキッシュパレスが快勝した。

 京都の5R(芝1400m)に出走したマーフィー騎乗の1番人気ファーストフォリオ(牝、父キングカメハメハ、栗東・須貝)が、1分22秒7のタイムでデビュー戦を快勝した。好位追走から鞍上が手を動かして徐々に進出。直線では5番人気ディヴィナシオン(2着)との追い比べを3/4馬身差で制した。さらに3馬身半差の3着には逃げた4番人気ネージュダムールが粘り込んだ。母シーザリオは日米オークス馬で、兄にエピファネイアやサートゥルナーリアなどがいる超良血馬だ。マーフィーは「調教に乗せていただいた時点で、能力を感じていました。まだテンションの高い部分はありますが、今後成長すればオープン、重賞でやれる感触を受けました。距離は2000mでも大丈夫」と話した。(採点・★★★★☆)

 同じく京都の4R(ダート1800m)では、中団を追走した岩田康騎乗の7番人気サトノラファール(牡、父ゴールドアリュール、栗東・中竹)が直線で鮮やかな末脚を発揮。先行した1番人気ビハインドザサンが直線でいったんは抜け出したが、これを残り100mでかわし去ると、最後は後続を5馬身突き放してフィニッシュした。勝ちタイムは1分54秒1。岩田康は「展開に恵まれた面はあったかもしれませんが、しっかりと差し切ってくれたように、能力は高いですね。体には余裕があったので、上積みも大きいと思います」と振り返った。(採点・★★★☆☆)

 一方、東京では5R(芝1600m)で、15年凱旋門賞馬を父に持つ愛国産馬が雨中の一戦を制した。3番人気のターキッシュパレス(牡、父ゴールデンホーン、栗東・昆)が、1分38秒9(不良馬場)のタイムでV。道中は2番手を追走。直線半ばで逃げる11番人気ブロウンアウェイをとらえて抜け出し、後続に2馬身差をつけてフィニッシュした。2着は好位から伸びた8番人気のカフェサンドリヨン、さらに4馬身差の3着はブロウンアウェイ。なお、1番人気のダンスグルーヴィは11着。中団のまま、見せ場なく終わった。ビュイックは「均整の取れた素晴らしい体の持ち主ですね。雨を一番喜んでいたのは、この馬じゃないでしょうか。個人的には(デビュー戦と重賞初勝利で自身が乗った)ゴールデンホーンの子で勝てたのが感慨深いです。これから気性的に成長していってくれれば」と笑顔だった。(採点・★★★☆☆)

 ダート1600mの6Rでは、アスターコルネット(牡、父マジェスティックウォリアー、栗東・南井)が1番人気に応えてデビュー勝ちを決めた。道中は2番手を追走。手応え十分に直線を向くと力強く抜け出し、1分39秒4(不良馬場)のタイムでゴールを駆け抜けた。古川は「優等生ですね。特に言うことのない競馬をしてくれました。デビュー戦で、これだけ動けるとは。距離は融通が利きそうですし、伸びしろもあります」と今後の活躍を見込んだ。南井師は「芝も考えはするけど、父もきょうだいもダートだから」と当面は砂路線を歩みそうだ。(採点・★★★☆☆)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス