文字サイズ

【菊花賞展望】ヴェロックス負けられぬ一戦

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 ダービー馬が引退し、皐月賞馬とダービー2着馬が天皇賞・秋を選択。春のクラシックで上位争いを演じたヴェロックスが負けられない三冠最終章だ。始動戦の神戸新聞杯はサートゥルナーリアに完敗したが、猿橋助手が「ゲートが良くて、ポジションを取れる。長く脚を使う」と話すように、鞍上の意のままに乗れる持ち味は長丁場で武器になる。

 神戸新聞杯3着馬ワールドプレミアも上昇一途。「距離は大丈夫」と武豊なら、友道師も「こんなにいい状態で使えるのは初めて」と仕上がりに胸を張る。着外なしの安定感は魅力だ。

 セントライト記念組も侮れない。サトノルークスは苦手の道悪で2着。母父サドラーズウェルズの血が距離克服で生きるか。3着ザダルは久々、重賞初挑戦だったことを思えば上々。狭いスペースを割ってきたようにセンスがある。

 北海道で連勝したヒシゲッコウは夏の上り馬。新コンビのスミヨンの手綱も頼もしい。メンバー中、唯一の重賞2勝馬ニシノデイジー、京都巧者レッドジェニアルなど伏兵も多彩。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス