文字サイズ

ウイニングチケットもたてがみ切られる ネットフリマに出品か

 引退競走馬を一般公開している北海道浦河町の「うらかわ優駿ビレッジ・アエル」で18日、93年ダービー馬ウイニングチケット(セン、29歳)のたてがみの一部が切り取られているのが分かった。同牧場は同日、道警浦河警察署に被害届を提出した。

 アエルによると、15日にネットのフリーマーケットアプリ「メルカリ」に、ウイニングチケットのたてがみが出品されているとの情報が寄せられ、16日朝にスタッフが馬を確認したところ、たてがみ幅約10センチ、長さ約20センチが切り取られているのが明らかになったという。担当の太田篤志氏は「恐らく、12日から14日の間に切られたのではないかと。ショックというか…何のためにこんなことをするのか。チケットのことを好きなファンなら絶対にしないこと。誰も得をしませんからね」と話し、今後の牧場見学については「牧場には一般道に面しているところもあるので、完全に禁止にするのは難しい。いろいろと検討していきたい」とした。

 15日には日高町の「ヴェルサイユファーム」でタイキシャトル、ローズキングダムのたてがみが切られる事件があったばかり。道内では連日の報道を受け、見学を全面禁止にする牧場も増えているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス