文字サイズ

【プリンスオブウェールズS】ディアドラ6着…世界の壁は厚かった

 「プリンスオブウェールズS・英G1」(19日、アスコット)

 やはり世界の壁は厚かった。15年スピルバーグ、16年エイシンヒカリともに6着に敗れた一戦。土砂降りでタフな馬場コンディションのなか、ディアドラは6着に終わった。父ハービンジャーが10年キングジョージ6世&クイーンエリザベスSを圧勝したアスコットで、娘が脚光を浴びることはなかった。8頭立ての少頭数立てとはいえ、欧州の強豪が集結。勝ったのはデットーリ騎乗のクリスタルオーシャン、2着はマジカル、3着にはヴァルトガイストが入った。

 今年初戦の中山記念で6着に敗れた後は海外を転戦。2年連続で挑んだドバイターフで4着に敗れると、直接香港へ移動して、クイーンエリザベス2世Cに挑戦して6着。そのまま英国へ渡り、着々と準備を整えていた。

 今週15日にはアルバハスリのポリトラックコースで最終追い切り。橋田師は「しまいの伸びが良く、動きも納得できるものでした。いい状態でレースに臨めると思います」と手応えをつかんでいたが、快挙達成とは成らなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス