文字サイズ

JRA禁止薬物除外全馬に優先出走権 関係厩舎の次週出走予定馬は全頭薬物検査実施

15日、大量の競走除外馬が出たことを知らせる看板=阪神競馬場
1枚拡大

 禁止薬物摂取の疑いにより15、16日の競馬で競走除外となった156頭に対し、JRAは16日、救済措置を行うことを発表した。翌週22、23日の競馬において、該当する全馬に優先出走権が与えられる。

 なお、出走権を行使できるのは同じ種別の自己条件戦(競馬場、距離、コースは不問)に限られる。ただし、自ブロック対象競走(地元エリアの馬を優先的に出走できる未勝利戦、1勝クラス)については自ブロック馬が優先される。

 なお、問題となった飼料添加物「グリーンカル」が納入されていた厩舎の次週出走予定馬に対して、薬物検査が実施される。16日までに365頭(美浦74頭、栗東291頭)から検体を摂取。その後は栃木県の競走馬理化学研究所で順次検査を行い、出馬投票が行われる20日までに終了する予定。陽性・陰性の頭数等、検査結果については何らかの形でJRAから発表される見通しとなっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス