文字サイズ

【フローラS】ウィクトーリア逃走宣言 開幕週の馬場も味方に

 開幕馬場で逃げ切りを狙うウィクトーリア
1枚拡大

 「フローラS・G2」(21日、東京)

 08年秋華賞を制した母ブラックエンブレムから受け継いだ能力はかなりのものだ。14年札幌2歳S勝ちのブライトエンブレム、現在オープンで活躍中のアストラエンブレムを兄に持つウィクトーリアが、タイトル獲得を狙って2度目の重賞舞台に臨む。

 昨年7月の新馬戦(函館)をレコードで快勝。その後の2戦は7、5着と能力を発揮できなかったが、ひと息入れて臨んだ年明け初戦の前走を逃げて2馬身差の勝利。改めて非凡な素質を証明してみせた。

 「マイペースで行けて楽に勝ったように見えたけど、かなり疲労はあった」と小島師。レース後は放牧に出されたが、回復に時間がかかり、美浦トレセンへの帰厩は4月に入ってからだった。

 11日の1週前追い切りは、美浦Wでアラスカノオーロラ(4歳1000万下)と併せ馬。4F53秒4-39秒2-12秒6をマークして1馬身先着した。「帰厩が遅くなったので、できることは限られる」と急ピッチで調整を進めている。最終追い切りには新たにコンビを組む戸崎圭が騎乗する予定。「しっかりと息をつくって、逃げてもらうだけ」。仕上げの狙いは明確だ。

 間隔をあけてレースを使ってきただけに、仮に優先出走権を獲得したとしても、オークスに向かうかどうかは流動的だという。それでも「距離が延びるけど大丈夫。開幕週だし逃げるのはいいと思いますよ」と師は自信をのぞかせる。小細工なしの逃走劇で、府中の長い直線を駆け抜ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス