文字サイズ

【弥生賞】ラストドラフト在厩調整で好ムード 戸田師は納得「いい感じで来週に」

美浦W併せで追い切ったラストドラフト(左)=撮影・園田高夫
1枚拡大

 「弥生賞・G2」(3月3日、中山)

 好時計で順調ぶりを示した。デビューから無傷2連勝で京成杯を制したラストドラフトは21日、美浦Wでアサクサスポット(4歳500万下)を1秒5追走する形から、直線で仕掛けて1馬身先着を決めた。

 6F81秒9-38秒5-13秒3に、自らまたがった戸田師は「1週前なので長めからしっかりと。動きは問題ありません」と納得の表情。中間は在厩で調整している。「変にテンションが上がったりしてないし、いい感じで来週に向かえます」と手応えをつかんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス