文字サイズ

【競輪】三谷竜生、亡き母に捧げる平成ラストキング!年間最高賞金獲得額を更新

 胴上げされる三谷竜生
1枚拡大

 「KEIRINグランプリ2018」(30日、静岡)

 三谷竜生(31)=奈良・101期・SS=が番手絶好の展開から直線伸びて1着。デビューから6年5カ月でグランプリ初優勝を飾り、賞金1億160万円(副賞含む)を獲得。これで今年の獲得賞金額は2億5531万3000円となり、02年の山田裕仁(引退)が記録した2億4434万8500円を抜いて、年間最高賞金獲得額を達成した。2、3着には浅井康太、新田祐大が入った。

 近畿の結束力で三谷が初のグランプリ制覇を成し遂げた。「素直にうれしかった。ダービーも高松宮記念杯もしっかりラインで走った結果。改めて近畿の強さを実感した」と近畿勢の力を味方に初の栄冠を勝ち取った。

 レースは後ろ攻めから脇本が打鐘2角過ぎから一気に踏み上げて主導権を奪取すると、後続の近畿勢もピタリと追走。「脇本君は非常に掛かっていた。誰も来ないと思っていたけど、清水君が来て少し張った」と最終バックでまくりに来た清水を最終3角でけん制して直線へ。「外に浅井さんが見えたので、しっかり踏んで優勝を狙いにいった」と後続を振り切り優勝を決めた。

 この優勝で年間最高賞金獲得額の記録も更新。「記録を抜けたのはうれしい。グランプリに向けてやってきたことは間違いじゃなかった」と年末の大一番を見据えて練習してきたことを、本番でしっかりと出し切った。

 今年はダービー連覇に高松宮記念杯でも優勝。そして初のグランプリ制覇と競輪界で輝きを見せたが、栄光ばかりの1年ではなかった。寛仁親王牌開催中の10月5日に母・湖雪(こゆき)さん(享年61)が亡くなった。「いろんなことがあった1年。育ててくれた母に感謝してます。もう少し一緒にいたかったけど、いい恩返しができたと思う」と会見では涙を見せながら最愛の母への思いを語った。

 グランプリを制して来年は1番車でレースに臨む。「責任感のある中でしっかりと走りたい」。新年からはチャンピオンユニホームを身にまとい全国各地で豪脚を発揮する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス