文字サイズ

【有馬記念】ノーザンF G1・15勝目で年間最多勝記録更新 ホープフルSにも意欲

 有馬記念を制したブラストワンピース(手前右から2頭目)2着はレイデオロ(手前右)3着はシュヴァルグラン(左から2頭目)
1枚拡大

 「有馬記念・G1」(23日、中山)

 3番人気の3歳馬ブラストワンピースが力強く抜け出してV。多彩なメンバーがそろったグランプリを制し、待望のG1初制覇を飾った。鞍上の池添は単独トップとなる有馬4勝目。大竹師はうれしいG1初制覇となった。2着に1番人気レイデオロが入り、3着が9番人気のシュヴァルグラン。武豊騎乗で話題を集めた、“障害の絶対王者”オジュウチョウサンの果敢な挑戦は9着に終わった。

 ブラストワンピースの生産者・ノーザンファームは今年のG1・15勝目。自身の年間最多勝記録をさらに更新した。吉田勝己代表(70)は「ハービンジャー産駒だけに、こういう馬場が良かったんでしょう。馬も良かった。まだホープフルSもありますから」と今年最後のG1にも意欲を見せる。

 中島文彦場長(50)は「生まれた時から脚が内向していて、苦労した馬でした。体が立派な分、内向が不安だったけど、スタッフのおかげですね」としみじみ。ようやく手にしたG1タイトルに「一番いいところで勝ってくれましたね」とたたえた。

 母ツルマルワンピースはハービンジャーの子を受胎中で2月下旬に出産予定。当歳はいないが、1歳には父オルフェーヴルの牝馬がいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス