文字サイズ

【有馬記念】武豊“神の手”公開抽選で3度目の最内枠 オジュウチョウサン1枠1番

 「有馬記念・G1」(23日、中山)

 そのゴッドハンド、半端ないって!-20日、公開枠順抽選が行われ、平地G1初制覇を狙う障害界の絶対王者オジュウチョウサンは1枠1番に決定。鞍上を務める武豊が例年のごとく神懸かり的な引きの強さを発揮し、絶好の最内枠をゲットした。昨年、同じ白帽からキタサンブラックを有終Vに導いたレジェンドが、今年の暮れの決戦も大いに盛り上げる。

 まさか。いや、そのまさかが現実になった。日本中の競馬ファンが固唾(かたず)をのんで見守るなか、競馬界のレジェンド武豊が絶好の1枠1番を引き当てた。昨年のキタサンブラックと同じ白帽ゲットに、抽選会場は大きな盛り上がりを見せた。

 抽選順を決める俳優の松坂桃李が10番目にオジュウチョウサンを引き、笑顔で壇上に上がった武豊。「昨年はキタサンブラックでしたが、まさか今年オジュウチョウサンでここに来るとは夢にも思わなかった」。既に過半数の有力馬の抽選が終わり、残りは7つ。自然な所作で運命のボールをつかむと、確率すら超越する“神の手”が発動。客席に広げた紙には最内枠を示す数字が示されていた。瞬間、響き渡る大歓声。和田郎師は「去年のキタサンと同じ枠を引くとは…。絵に描いたような話」と驚きの表情を浮かべた。

 まさに“持ってる”としか言いようがない。14年に有馬記念の公開抽選が始まってから、自身が引いた4回は1、1、2、1番(14年は馬番指名制、15年は騎乗馬なし)。「他のG1でもこれにしてほしいですね」と軽く冗談を飛ばしたユタカは、「狙うなら極端な枠だと思っていました。いい枠だと思いますよ。欲しかった枠が当たり、あとは思い切り挑戦するだけ」と表情を引き締めた。

 障害界の絶対王者に平地最高峰レース挑戦という“仰天”プランが持ち上がったのは今年5月下旬。その後は平地条件戦で2連勝を決め、ファン投票も3位の支持を集めた。常識外れのチャレンジ。しかし、出る以上は勝算もある。好枠の追い風を感じたトレーナーは「日曜日に何が起こるか、注目していただきたい」と不敵に言い放った。

 週末は雨予報も出ており「水たまりでもできたら、水ごう(障害)みたいでいいかも」と笑いを誘ったユタカだが、外国人騎手の10週連続G1制覇について問われると表情が一変。「自分が止めたいね」。日本人騎手としての意地とプライドを、暮れのグランプリで見せるしかない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス