文字サイズ

【京阪杯】鮮烈ダノンスマッシュ重賞初V 安田隆師、産駒の距離適性に驚き

 「京阪杯・G3」(25日、京都)

 マイルCSのステルヴィオ、ジャパンCのアーモンドアイに続き、またしてもロードカナロア産駒だ。1番人気のダノンスマッシュが鮮やかな差し切りV。偉大な父と同じく、このレースで重賞初勝利を決めた。

 北村友が「理想的なポジションで競馬ができました」と振り返ったように、絶好位からレースを進めた。直線では前が壁になる場面もあったが、あいた瞬間を見逃さなかった。主戦のゴーサインに鋭く反応し、矢のような末脚を繰り出した。

 現役時代のカナロアも管理していた安田隆師は「すごいよね。長い距離も短い距離でも走る馬を出すからすごい」と驚きを隠せない様子。ダノンスマッシュの今後については「1回使って高松宮記念(3月24日・中京)に行きたい」と野望を口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス